GISELe meets ADAM ET ROPE'

heavy&light01

「やさしいオール白を穏やかに律する微量のツヤ」

ふっくらとした風合いのオーバーサイズカーディガン×ストリートな太めスエットパンツのルーズさに、縦に流れる透け感を添えて「ラクなのにラフじゃない」を実現。

heavy&light02

「ウエストをきゃしゃに見せるダウンのふくらみ」

ミルキーなブルーのさし色で、ハイウエストの切り替えを強調。
スタイリングを軽やかに見せるために、シーズンレスな配色でひと工夫。

「気だるいレイヤードを受け止めるすそしぼりのパンツ」

薄手のジョガーパンツに限っては、上半身のボリュームが重いほどバランスがいい。
ライムとベージュのニットONニットで、脱力しながらもハイトーンゆえの鋭さであか抜けをねらって。

heavy&light03

「視線をゆらすベロアでダウンをクラスアップ」

ネイビーのベロアで、ダウンに知性と品格を宿して。

heavy : Puff Shoulder + light : TULLE SKIRT

「ソリッドな黒にフリルでクラシカルな甘さを」

浮遊感のあるヒラヒラとした飾りが、構築的な黒ニットの緊張感をほぐす役割。
ジッパーデザインに加え、黒ならフリルも甘くなりすぎない。

「小さきニットで飾り立て I ラインを印象操作」

白のワントーンを間のびさせない、ニットのバラクラバやウォーマーのかわいげのある遊び心。
カーゴパンツのポケットもアクセントに。

heavy&light04

「意表を突いたドライな質感で
シャツ×チェックを更新」

ナイロン風な質感とドロスト風のループタイが
スポーティなシャツ。
ツイードライクなスカートに合わせて
カジュアルな抜け感を。モノトーンなら品性はキープ。

「サイズ感でも対比させて
メンズなチェックとレディな赤」

赤のアンサンブルニットと黒デニムの相性は言わずもがな。
ジャケットよりもやんちゃなオーバーサイズのブルゾンで、
今年らしさを加味。

Photography_Yuuki Igarashi(TRON)
  /  Styling_Keiko Watanabe(KIND)
Hair&Make-up_Takuma Suga
  /  Model_Sofiia
Design_Mariko Kuroki (MA-HGRA)
  /  Compostion&Text_Eri Umeda